鍵山優真&佐藤駿、シニア1年生北京へ跳ぶ…フィギュア全日本合宿

強化合宿で練習する佐藤駿(代表撮影)
強化合宿で練習する佐藤駿(代表撮影)
今シーズンへ向け練習する鍵山優真(代表撮影)
今シーズンへ向け練習する鍵山優真(代表撮影)

 フィギュアスケート男子で今季シニア1年目を迎えた鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=と佐藤駿(16)=埼玉栄高=が21日、大阪・関空アイスアリーナ(木下グループアイスアリーナ)で行われた全日本強化合宿に参加した。ともにジャンプ構成の難易度を上げ、北京五輪プレシーズンを戦う。

 2月にシニアの四大陸選手権で3位に入ったユース五輪覇者の鍵山は、ショートプログラム(SP)はジャズの「テイク・ファイブ」。久石譲氏作曲の映画「もののけ姫」を選んだフリーの4回転は新たにサルコーを組み込み、トウループとの2種類3本に増やした。オンラインでの取材に「自分以外にも五輪を狙っている人はたくさんいる。その人たちに負けないくらい練習をして、自分の力で北京五輪の枠を取りたい」。枠取りがかかる来年3月の世界選手権を見据えた。

 ジュニアGPファイナル王者の佐藤は、SPの「パイレーツ・オブ・カリビアン」から4回転ルッツを投入。フリーの「バトル・オブ・ザ・キングス」ではルッツ、サルコー、トウループの3種類4本を組み込む予定だ。フリップについても「まだ怖さがあってやれずにいるけど、できたら年内には跳べるようにしたい」。4種類目の4回転習得を目指す。(高木 恵)

強化合宿で練習する佐藤駿(代表撮影)
今シーズンへ向け練習する鍵山優真(代表撮影)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請