【広島】今季ワーストの借金5 佐々岡監督「点の取られ方も悪いし、申し訳ない」

3回、糸原に勝ち越し2ランを浴びた九里
3回、糸原に勝ち越し2ランを浴びた九里
7回、代打を告げる佐々岡真司監督
7回、代打を告げる佐々岡真司監督

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神9―4広島(21日・甲子園)

 広島は投手陣が4本塁打を浴びるなど10安打9失点の乱調で今季ワーストの借金5となった。

 先発・九里は堂林のソロで援護点をもらった初回、2死からサンズに同点弾を許すと、3回には2死一塁から糸原に左越え2ランを被弾して勝ち越しを許した。5回2死一塁からは大山に高めに浮いたツーシームを捉えられ、左翼席へ運ばれる。5回6安打6失点とゲームを作れなかった右腕は「何もありません」と球団を通じてコメントした。7回には高橋樹が北條に1号ソロを浴びるなど2失点。8回にもDJ・ジョンソンが失点した。

 打撃陣は5点を追う7回に鈴木誠の中越え8号2ラン、田中広の左前適時打で2点差まで迫ったが、1死満塁から西川が投ゴロ併殺に倒れて最大の好機を逸した。佐々岡監督は「点の取られ方も悪いし、申し訳ない。まずは投手陣が試合をつくらないと」と嘆いた。

3回、糸原に勝ち越し2ランを浴びた九里
7回、代打を告げる佐々岡真司監督
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請