友野一希 今季はフリーに4回転3本 「さらに進化させてプログラムを披露できるように」

練習する友野一希(代表撮影)
練習する友野一希(代表撮影)

 フィギュアスケート男子で18年世界選手権5位の友野一希(22)=同大=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

 今季のプログラムはショート、フリーともに昨季から継続で、それぞれ「クローマ」「ムーラン・ルージュ」を演じる。「さらに進化させてプログラムを披露できるように」と語った。

 4回転ジャンプについては、フリーに3本組み込むことを考えており、「今練習している」と完成度を高めている。

 新型コロナウイルスの影響で約2か月もの間、氷上練習ができなかったものの、その間は陸上でのトレーニングに注力。「自分の体で弱いと思ってたところを集中的に(強化)できた。氷上に乗れていなかったけど、意外とタメになる期間だった。自分と向き合うこともできた」と振り返った。

 今後の試合はどうなるか分からない状況ではあるが、22年北京五輪のプレシーズンへ向けて「とりあえずは試合が行われるのであれば、(これまでは)メダルに届かないことが多かったので、メダルを獲得できるように。一試合一試合強い気持ちを持ちたい」と力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請