坂本花織 今季の新SP「フランス語で分からない…」が「大人の女性を演じる」

練習する坂本花織(代表撮影)
練習する坂本花織(代表撮影)

 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪代表の坂本花織(20)=シスメックス=が21日、関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加した。

 今季はショートプログラムが新しくなったものの、「フランス語でよく分からない…」と苦笑い。坂本によると「今までとは違うプログラムになっている。大人の女性を演じられたら」と新たな演技に挑戦する。 振り付けはブノア氏で、ラインのビデオ通話を使って指導を受けた。「難しかったです。左右が分からないのと、画面でやるとどっちが正面かわかんない感じで、最初はすごい手こずりました」という。フリーは「マトリックス」で「去年よりかっこよくできるようにしたい」と話した。

 新型コロナウイルスの影響で、今後の試合もどうなるか分からない状況ではあるが、22年北京五輪のプレシーズンへ向けて「(昨季は成績が悪かったので)二度とあんな成績を残したくない。来季につながるようないいシーズンになるようにしたい。1試合1試合自分の演技をしっかりしたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請