【ソフトバンク】福岡の新名所「イーゾ福岡」が開業 王会長「この暗い時代を明るく生きるためにも…」

「ボス イーゾ フクオカ」のオープニングイベントに出席したソフトバンク・王貞治会長(右、左は太田宏昭専務)
「ボス イーゾ フクオカ」のオープニングイベントに出席したソフトバンク・王貞治会長(右、左は太田宏昭専務)

  ソフトバンクが展開する複合商業施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」が21日、本拠地・ペイペイD横にグランドオープンした。同施設には多くの人気飲食店が入るだけでなく、ビルの壁面に沿った全長100メートルのチューブ型スライダー「すべZO(すべぞー)」などが設置。王貞治球団会長のベースボールミュージアムもリニューアルし、ドーム内から移転された。

 5月に開業する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。この日のオープニングセレモニーに出席した王会長は「我々が力を結集してつくった、待ちに待った素晴らしい施設。本当に良かったと思います。この暗い時代を明るく生きるためにも来ていただきたい。人生が充実したものになるよう、みなさんに活用していただければ」と熱く呼びかけていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請