槇原敬之被告初公判「このような形になり申し訳ないと思っている」検察側は懲役2年を求刑

スポーツ報知
車内にカーテンが引かれ裁判所を出る槇原敬之容疑者を乗せたと思われる白いワンボックス

 違法薬物を所持したとして、覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(同)の罪に問われたシンガー・ソングライター槇原敬之(本名・範之)被告(51)の初公判が21日、東京地裁(坂田正史裁判官)で開かれた。

 槇原被告は起訴内容を認め「色々な方々やファンの皆様にこのような形になり、本当に申し訳ないと思っている」と謝罪する一方、「ここ数年は使っていません」と証言した。検察側は懲役2年を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状によると、槇原被告は18年3~4月に危険ドラッグ「ラッシュ」約64・2ミリリットルと覚醒剤約0・083グラムを所持したなどとして今年2月に警視庁に逮捕された。3月に保証金500万を納付して保釈された際には、逮捕時よりも少し整えられたあごひげ姿で深々と頭を下げ、謝罪の言葉を口にしていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×