有働由美子アナ、1週間ぶり「news zero」復帰「自分はウイルスを持っていると思って行動」

スポーツ報知
有働由美子アナ

 体調不良のため、MCを務める日テレ系報道番組「news zero」(月~木曜・後11時、金曜・後11時半)を13日から休養していたフリーの有働由美子アナウンサー(51)が、20日の放送から復帰した。

 前週の月曜の放送で、欠席を報告。「せきも無く味覚にも異常は無いのですが、こういう時期ですので大事を取って、念のためいったん自宅待機しております」とメッセージを寄せた有働アナ。その後、PCR検査を受けて陰性と診断されていたが、同番組を1週間休んだ。

 番組の冒頭、嵐の櫻井翔キャスター(38)から「お帰りなさい」と迎えられた有働アナは、「元気になりました。新型コロナは陰性でした。別のウイルスがリンパ腺に入って高熱が出たんですけれど、それも完治して、みなさまにうつす恐れもないので。また頑張ります」と報告した。

 5月に体調不良で同番組を休んだ櫻井キャスターは、復帰した際に有働アナに問われた「休み中に発見したことは」の質問を、今度は有働アナに訪ねた。「先週、櫻井さんが番組の冒頭の(休養報告)で『申し訳ないと思わず、ゆっくり休んでください』という言葉をいただき、生まれて初めて、仕事を申し訳ないと思わずに休ませてもらいました。そういう仲間と環境に恵まれて、非常に大事だと思いました」と感謝した。

 さらに、怖かったこととして、誰かにうつしてしまっているのではないかと思ったことを挙げて、「改めて、自分はウイルスを持っていると思って行動しようと思った」と振り返った有働アナ。この日168人が都内で新たに感染し、全国で死者が1000人を超えたが、気をつけなければいけないのは数字だけでは無く、「相次ぐクラスターの共通点です。分かっているよと思わず、改めて」と、警鐘を鳴らした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請