大橋未歩アナ、テレ東時代に「セクハラ、パワハラもしんどかったけど、上に言ったら人事部がちゃんと対応をしてくれました」

大橋未歩アナウンサー
大橋未歩アナウンサー

 元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサー(41)が20日、アシスタントとしてTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。2002年から2017年まで在籍したテレ東時代について「セクハラもパワハラもあった」と激白した。

 この日の番組では、「(高度経済成長期の)昭和時代にサラリーマンをやりたかった」というネット上の投稿が多くの賛否の意見を集めているという一件を紹介した。

 このことについて、MCのふかわりょう(45)に意見を求められた大橋アナは「私もテレビ東京にいた15年のうち10年くらいは昭和の働き方だったと思うんですけど。セクハラもパワハラもあって、休みの時もお仕事をするみたいな」と率直に振り返った。

 「やっぱり、結構しんどかったので。もちろんセクハラ、パワハラも上に言ったら、人事部がちゃんと対応をしてくれましたけど」と回顧した上で、「今はあまりないので、すっごく楽なんですよね」と続けた。

 さらに「(テレ東を)辞めたって言うのもありますけど、もともと、安定自体をそこまで重要視していないと言うか…」と話していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請