YOASOBI楽曲初の原作小説集が発売決定 最新楽曲の原作小説募集を開始

夜に駆ける YOASOBI小説集
夜に駆ける YOASOBI小説集

 小説を音楽にするユニットの・YOASOBI楽曲初の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』(双葉社/1350円+税)が、9月18日(予定)に発売される事が決定した。同書は、楽曲「夜に駆ける」「あの夢をなぞって」「たぶん」及び未発表曲の原作小説4作と関連作品を収録した単行本となっている。

 双葉社とソニーミュージックが運営する小説投稿サイト『monogatary.com』と『夜遊びコンテスト vol.2』の共同開催も決定。第1弾では、1ケ月で500を超える作品が投稿され、現在は、『世界の終わりと、さよならのうた』を原作とした楽曲制作が進行中だ。今回は、本日より募集を開始し、大賞に選ばれた作品は、“YOASOBIによる楽曲化”と“双葉社での書籍化”が確約される。

 参加方法は、指定のお題『東京、二人の波形』に対し物語を投稿。10000文字以内の短編に絞り募集している。応募は『https://monogatary.com/notification/notice/67792』まで。

【タイトル】夜に駆ける YOASOBI小説集

【発売日】2020年9月18日

【作者】星野舞夜、いしき蒼太、しなの、水上下波

【予価】1350円+税

【判型】四六判上製

【出版社】双葉社

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請