【大阪】近大泉州・斎藤佳紳がゼロ封好救援…小6時に同郷の阪神・糸井から2奪三振 いつかはプロでも「対戦したい」

スポーツ報知
ピンチを切り抜け、ガッツポーズでベンチに戻る近大泉州・斎藤佳紳(左)

◆高校野球代替大会 ▽大阪・1回戦 近大泉州5―1大阪偕星学園(19日)

 大阪では、小学生時代に阪神・糸井嘉男外野手(38)から2三振を奪った近大泉州の斎藤佳紳投手(3年)が好救援し、2回戦に進出した。

 最後の打者を右飛に打ち取ると、近大泉州の最速147キロ右腕・斎藤はバンザイして喜んだ。「打たれたら一気に地獄に落ちるし、抑えれば天国に行ける。楽しく投げられている」と、守護神の魅力を明かした。2―1の8回1死三塁から3番手で登板。ピンチを切り抜けると、この日のMAX142キロの直球を中心に、1回2/3を1安打無失点に抑えた。

 阪神の糸井と同じ京都・与謝野町出身。互いの実家は徒歩5分程度で祖父同士の仲が良く、超人のグッズをもらったこともある。小学6年時には、出身チームの集まりに出席した超人とガチンコで対戦。2三振を奪った上に、軟式用のバットで「球がつぶれるぐらい」の本塁打も浴びた。

 進学希望だが、いずれはプロ入りし、メジャーリーガーになる大志を抱く。「糸井さんの次は俺が(与謝野町からプロに)行ってやろう! 対戦したい」と豪語した。(伊井 亮一)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請