オネエ系タレント・リリアンさんが69歳で死去…大阪・京橋「グランシャトー」CMでおなじみ

69歳で亡くなったリリアンさん。今年1月の元気な姿(提供写真)
69歳で亡くなったリリアンさん。今年1月の元気な姿(提供写真)

 関西のオネエ系タレント・リリアン(本名・下左近信吉=しもさこん・のぶよし)さんが18日午前9時17分、心不全のため、大阪府内の病院で亡くなった。69歳だった。19日、大阪市淀川区の新大阪典礼会館で通夜が営まれた。

 大阪・京橋の名物レジャービル「グランシャトー」のテレビCMキャラクターなどで知られるリリアンさんは、北新地でクラブの“ママ”を務める一方、オネエタレントとして、独特のだみ声を武器に関西を中心に活躍した。

 関係者によると、1994年に胃がんを患い、全摘手術を受けているが、昨年3月ごろに体調が悪化。入退院を繰り返し、先月下旬ごろから入院が続いていた。

 クラブ経営は2年ほど前にやめ、知り合いの店の手伝いをする一方、コロナ禍の今年6月放送のカンテレ「桃色つるべ」には、過去に出演したゲストが今、どう過ごしているかという企画でリモート出演していた。周囲には「退院したら、何でもするで」と芸能活動再開にも意欲を見せていたが、かなわなかった。

 リリアンさんはかつて、タレント・板東英二(80)の個人事務所に所属しており、板東も訃報を聞き、ショックを受けているという。

 生涯独身で、喪主はめいが務めた。告別式は20日午前11時から同所で。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請