【横浜M】仲川輝人、鬼門のカシマスタジアムで今季初得点だ…13年から7連敗中

スポーツ報知
シュート練習する横浜M・仲川(カメラ・宮崎 亮太)

 横浜Mは17日、アウェー・鹿島戦(18日)に向け、最終調整を行った。日本代表FW仲川輝人(27)は2013年から7連敗中の鬼門・カシマスタジアムで今季初得点を見据えた。

 1勝1分け2敗と波に乗り切れない昨季王者は、アウェーの鹿島戦で7連敗中。ほとんどの試合で最少点差ながら競り負け、得点もわずか2点。仲川も「戦術が変わったとしても、球際が激しいのは変わらない」と主要タイトル20冠を誇る鹿島を警戒。その一方で、個人的な相性は悪くない。昨季の鹿島戦は、2戦2発。「点を取れているので、そういう相手に取り続けることも大事」と本番へのイメージを膨らませた。

 MVPと得点王に輝いた昨季は開幕戦で得点を決めたが、今季はここまで4戦不発。18クラブ1ステージの現行制度(15、16年は2ステージ)になった05年以降の得点王は、いずれも開幕5戦目までにシーズン初得点を記録。09年のFW前田遼一(磐田)が5試合目で“最遅”だった。2年連続得点王を狙う仲川は「ゴールに近づいてきているし、そろそろ取れるんじゃないかな。1点取れれば、気持ちの面でも楽になる」。鬼門でゴールと勝利を得れば、これ以上ない弾みとなる。(田中 雄己)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請