磐城マネジャー・遠藤百恵さん、名将の父の教え胸に甲子園へ…鈴木尚広氏ら育てる

書き込んだスコアブックを手に笑顔を見せる磐城・遠藤マネジャー(カメラ・小山内 彩希)
書き込んだスコアブックを手に笑顔を見せる磐城・遠藤マネジャー(カメラ・小山内 彩希)

 「2020年甲子園高校野球交流試合」(8月10日開幕)に出場する磐城(福島)のマネジャー・遠藤百恵さん(3年)が、ふたば未来学園高(福島)で監督を務める父・太さん(54)への感謝の思いを語った。磐城野球部OBであり、2008年から16年まで同校監督も務めた太さんの助言を受けながら努力を重ね、マネジャーとして成長。集大成の舞台でチームの勝利を願った。

 一度はあきらめた甲子園。交流試合が決まり、磐城ナインは活気ある練習を続ける。百恵さんもマネジャーとして、練習補助や補食のおにぎり作りなどの仕事に追われながら、充実した日々を送る。

 百恵さんにとって、高校野球は父と自分をつないでくれた特別な存在だ。かつて磐城でも指揮を執った父は、相馬(福島)で元巨人の鈴木尚広氏を育成するなど、数多くの実績を持つ。百恵さんも幼い頃から野球漬けの父を見て育った。

  • 百恵さんとの3年間をふり返った遠藤監督

    百恵さんとの3年間をふり返った遠藤監督

 元々磐城を目指したのは「進学校で学びたい」という思い。無事合格した1年春、野球部を見学。懸命にボールを追う姿に心を打たれ、マネジャーになることを決めた。以後は、父の車で送迎してもらう生活。「父はもともと口数が多いタイプじゃないけど、車の中ではいつも楽しそうに話してくれて、それがうれしかった」と百恵さん。「野球だけじゃなく、学校のことも話します。学校の先生や野球部OBから『太先生の娘さん』って話しかけられることも多くて、学校生活も楽しい。自慢の父です」と笑顔で話す。

 マネジャーになった時から、父は時に“師匠”にもなった。中学時代は陸上部で、野球は一からのスタート。特に苦労したのはスコアをつける事。「書き方を父に聞いたり、スコアブックを見てもらいながら覚えました」。太さんが録画した甲子園の試合を見たり、勧められたルールブックを読んだりして練習した。

  • 選手たちにおにぎりを作る遠藤マネ

    選手たちにおにぎりを作る遠藤マネ

 父には、忘れられない思い出がある。ある日車の中で「甲子園に連れて行ってもらうんだ」と話した百恵さんに「甲子園に連れて行ってもらうんじゃない。お前はお前の役割を果たして、そこへ行くんだ」。チームの一員として全力投球する事を伝えた。

 磐城野球部の一員として父の言葉を守り、文武両道を貫く娘の姿を、ずっと見守ってきた太さん。「適当にできない子なんでしょうね」と話す。車中の時間は父にとっても宝物。「一緒にいる時間が増えてありがたかった」。時には疲れて車の中で眠る娘を横目に、よく頑張っているな、と感じてきたという。

 交流試合では8月15日、国士舘(東京)と戦う。「諦めかけていた夢なので、周りの人たちに感謝でいっぱい。父の分まで勝って終わりたい」と百恵さん。太さんも「センバツが中止になったときはかける言葉がなかった。あの場所に行けるのは、一保護者としてとてもうれしい。誰もが行ける場所じゃないので、いろんなものを見てきてほしい」とエールを送った。親子の夢は、甲子園という最高の場所で結実する。(小山内 彩希)

  • 甲子園交流試合の組み合わせ抽選会後、ミーティングで話を聞く遠藤マネ(左端)

    甲子園交流試合の組み合わせ抽選会後、ミーティングで話を聞く遠藤マネ(左端)

書き込んだスコアブックを手に笑顔を見せる磐城・遠藤マネジャー(カメラ・小山内 彩希)
百恵さんとの3年間をふり返った遠藤監督
選手たちにおにぎりを作る遠藤マネ
甲子園交流試合の組み合わせ抽選会後、ミーティングで話を聞く遠藤マネ(左端)
すべての写真を見る 4枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請