東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬が1万mで自身初の27分台突入 東洋大時代の自己記録上回る

服部勇馬
服部勇馬

 東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=が15日、ホクレンディスタンスチャレンジ網走大会(北海道・網走市陸上競技場)1万メートルに出場し、27分56秒32(速報値)の自己新記録をマークして日本人トップの4位に入った。

 レースは海外勢がペースを作る中、マラソン練習の中で培った上下動の少ない走りで服部も第2集団で展開。ジャカルタ・アジア大会男子マラソン金メダルの井上大仁(27)=MHPS=らが脱落していく中、日本人で唯一食らいつくと最小限のペースダウンに抑えて、東洋大時代にマークした自己記録28分9秒02を上回る快走を見せた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請