昨季GPファイナル女王・コストルナヤ 北京五輪で引退へ 「脳神経外科医になるという夢を実現し始めます」

アリョーナ・コストルナヤ
アリョーナ・コストルナヤ

 フィギュアスケート女子で19~20年シーズンGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア=が14日に公開された「オリンピックチャンネル」のインタビューで22年北京五輪での引退を示唆した。「私は今シーズン、オリンピックシーズンを通過し、それから、脳神経外科医になるという私の夢を実現し始めます。ショーではスケートをするつもりです」と明かし、「フィギュアスケートは、30年間勝つことができるスポーツではありません」と語った。

 コストルナヤは19~20年シーズンからシニアに転向。GPシリーズのフランス杯、NHK杯を制し、GPファイナルではショートプログラムで85・45点の世界最高をマーク、合計も世界最高の247・59点で優勝した。高さのある美しいトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が武器。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請