【清水】エウシーニョが18日神戸戦で約7か月ぶり先発へ意欲

三保で練習する清水DFエウシーニョ
三保で練習する清水DFエウシーニョ

 J1清水エスパルスのDFエウシーニョ(30)が次節神戸戦(18日・ノエスタ)で今季初の先発で、チームを今季初勝利に導くことを誓った。15日は、三保で調整。昨年痛めた股関節痛やコンディションの遅れもあり、前節・G大阪戦(12日、1●2)の後半17分から今季初出場。テレビ会議アプリZoomで対応したブラジル人助っ人は次節で昨年の天皇杯準決勝・神戸戦以来となる約7か月ぶりの先発へ、練習からアピールしていく。

 ランニングやボール回しでは軽やかな動きを披露。クラブワーストの開幕4連敗中だけに「勝利がないのは悲しいこと。早く勝利をつかみたい。常に出られるように準備はしている」とスタメン奪取へ意欲。前節のG大阪戦は敗れたものの後半に猛攻を仕掛けるなど内容は悪くなかった。「選手はしっかりハードワークしている。あとは結果にこだわりたい」と話した。

 元スペイン代表MFイニエスタ(36)らを擁するスター軍団と対戦するのは昨年末の天皇杯準決勝(1●3)以来。「ゴリゴリくるチームじゃなく、質の高いチーム。でもスペースは生まれてくる。そうしたらチャンスなので決めたい」。超攻撃的サイドバックがゴールやアシストを狙う。相手FWのドウグラス(32)は昨季までのチームメート。「もちろん質のいい選手。どんなプレーをしてくるかはわかっている。警戒したい」と気持ちを高めた。(山田 豊)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請