小祝さくら、全英女子OP挑戦慎重…帰国後隔離でツアーに影響「まだ迷っている」

 女子ゴルフで通算1勝の小祝さくら(22)=ニトリ=が14日、出場権を持つメジャーのAIG全英女子オープンの出場に慎重な姿勢を示した。

 出場すれば初メジャーの小祝は「まだ迷っている。隔離がなければ行く予定だったんですけど…」と明かした。現状、日本に戻ると2週間の隔離が必要となるため「練習もなかなかできない状況だと思う。隔離は結構、過酷かな」と話す。8月下旬に帰国しても、9月上旬までが対象となる。

 隔離期間が所属先の大会で地元・北海道のニトリレディス(同27日開幕)と重なることに加え、高額賞金の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯(9月10日開幕)に影響が出る可能性もある。16日の全英のエントリー締め切りまで熟考する構えだ。

 今季初戦のアース・モンダミンカップでは13位となり、「低い球が打てるようになった」と好調を維持する。辻村明志コーチの勧めで最近ホットヨガを始めた22歳は「代謝もよくなり、リラックス効果もある」と強調。コンディションを保ちながら、日程を定めていく。(岩原 正幸)

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請