指原莉乃、豪雨被害の地元・大分県などへ2000万円寄付 所属事務所は「あくまで本人の気持ちでやっていること」

指原莉乃
指原莉乃

 タレントの指原莉乃(27)が豪雨で甚大な被害を受けた被災地へ2000万円の寄付をしたことが14日、分かった。

 関係者によると、地元・大分県と日本赤十字社にそれぞれ1000万円、計2000万円を寄付したという。所属事務所はこの日、スポーツ報知の取材に対し「あくまで本人の気持ちでやっていることであって、プライベートなことなので本人に任せております」とコメントした。

 指原は大分市出身。12年から19年まで福岡市を拠点に活動する女性アイドルグループ「HKT48」に所属していた。7月6日には自身のツイッターに「九州の豪雨、心配です。お住まいの皆さん、すでに気を付けてるとは思うんですが…気を付けてくださいね。雨の音が余計に心細くなりますよね」とつづっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請