馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

注目度がアップ(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は火曜ですが、栗東でのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、日本全国で相変わらず豪雨が猛威を振るっております。先週も書いたように実家の大分県の情報が気になるモノで、ツイッターなどでリアルタイム情報を結構拾っています。で、困ったことがあるんですよ。リアルタイム検索に「大分」って入れるでしょう。すると、「おおいた」じゃなくて、「だいぶん」という副詞で言葉を拾うことが非常に多いんです。

 これが妙な誤解を生む。「大分、ひどいことになってるぞ」という情報にドキッとしたんですが、何のことはない、全く別の話題の友人同士による会話。「やばいな、大分」も「やばいな、だいぶん」で、「やばいな、おおいた」ではないんです。この時期の「やばいな、大分」は心臓に悪い。しかし、昔も今も「滑って転んで大分県」なんて言われていますし、何か「大分県」は色々な言葉遊びを生みますねぇ。まぁ、今回は「遊び」なんて言ってられないんですが…。

 ということで、そろそろ本題へ。しかし、現在の記者席では画面越しに「〇〇万~」の声が聞こえております。そう、本日は遠く北海道でセレクトセールが行われておりまして、栗東の調教師さんは数えるほど…。

 本日はショートバージョンです。池江厩舎には今週の阪神芝1400メートルでデビューする【サドルロード(牡、父オルフェーヴル、母コナブリュワーズ)】に加え、祖母にブロードアピールを持つ【ヴィルヘルム(牡、父エピファネイア、母カイゼリン)】がスタンバイしています。「先週、半マイルをしっかり追いましたが、それなりに動けていたと思います。まずまずじゃないですかね」と兼武助手。エピファネイア産駒、無敗の2冠牝馬を送り出した影響か、セレクトセールで億超えホースが出るなど好調のようですね。

 池江厩舎といえば、先週の新馬で【ダノンシュネラ(牝、父ドゥラメンテ)】が勝ちましたね。「勝ってくれたことが何よりです」とは兼武助手。道中もノメるような面がありましたが、最後は地力でねじ伏せたという感じの走り。「ああいうタフな馬場を走ったので、勝ってひと息入れられるというのはよかったと思います。競馬の後もカイバをしっかりと食べていましたよ」と兼武助手は今後も見据えつつ、ホッとした表情を浮かべていました。

 さて、今年のセレクトセールでイッキに注目度が上がった繁殖牝馬がシーヴ。昨日の1歳馬セールでディープインパクト産駒が5億1000万円、本日の当歳馬セールでハーツクライ産駒が2億1000万円で落札されましたからね。となると、その兄になります現2歳の【サトノスカイターフ(牡、父ディープインパクト、母シーヴ)】への視線も自然と熱くなるといったところでしょうか。先週も書いた通り、すでに放牧へ出され、秋のデビューに備えるとのこと。この日は兼武助手にも感触を聞いてみたんですが、本当にいい感じのようなんです。「前向きで前進気勢のある馬。それで軸がぶれない感じなんですよ。基礎体力もしっかりついてますし、牧場でも乗ってもらうつもりですから、いい形でデビュー戦を迎えれば」と楽しみにしていましたよ。

 さて、最近の入厩馬たちを少しご紹介。先週10日にケイアイノーテックの全弟になる【ケイアイシェルビー(牡、父ディープインパクト、母ケイアイガーベラ)】が平田厩舎に、【ヴィアルークス(牡、父ディープインパクト、母リズムオブライト)】が藤原英厩舎に入ってきましたね。函館にはダービー馬ワグネリアンを全兄に持つ友道厩舎の【ミスフィガロ(牝、父ディープインパクト、母ミスアンコール)】も入ってきたようです。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請