千葉で脱走の子ヤギ、“崖の上”に住み着き「ポニョ」と命名

京成線沿いの斜面に住み着いたヤギ
京成線沿いの斜面に住み着いたヤギ

 千葉県佐倉市の京成線沿いにある斜面に、近所で飼われていたヤギ1頭が逃げ出して迷い込み、そのまま2か月ほど住み着いている。

 飼い主の60代男性は、13日にも捕獲しようと考えていたが、いったん保留。「ヤギにとっては、ここにいるのが一番幸せ。皆さんのご理解が得られれば、ここにいさせてあげてほしい」と希望した。

 男性によると、ヤギはメスで、生後3か月だった5月初旬にペットショップで購入。水田の除草用に飼育していた。

 約1メートルほどの柵の中で、まだ小さいため首輪などでつながずに飼っていたが、約2週間後の5月中旬に柵を跳び越えて脱走。3日ほどして、数百メートル離れた京成線沿いの斜面にいるとの通報があった。

 斜面は京成電鉄の敷地で、同社によると数年前に土砂崩れ防止のために作ったコンクリート製の「のり面」。高さ約20メートル、幅約400メートルで、すぐ近くを電車が走る。

 飼い主らによって何度か救出のための捕獲が試みられたが、現場は急斜面のため危険で、囲い込みなど人海戦術ができず難航。しかし、ヤギにとってはエサとなる草が所々にあり、この日も元気よく草を食べながら、狭い足場でも問題なく軽快に移動していた。

 ヤギは斜面の下の方に降りていても、電車が近付くと反応して上に上がるなど、危険を察知している様子。京成電鉄は「現状としては運転に支障はない。通常通りに運行している」とし、飼い主への連絡などは特に行っていないが、ヤギが原因で事故など運行に支障が出た場合には、損害賠償を請求する可能性もあるという。

 佐倉市役所は、飼い主のために獣医師や猟友会、動物園などの専門家から捕獲方法の意見を募り、サポートしている。飼い主の男性は、ヤギの好物であるイモを釣りざおに付けて捕獲につなげる作戦を検討。13日にも実行しようとしたが、「釣り針が口に引っかかったら痛いですよね。痛い思いはさせたくない」と断念した。

 男性はこれまでにヤギを約15頭飼った経験があるというが、今回脱走した子ヤギについては「特別ですね。野生っぽい」と驚いている。名前は付けていなかったが、最近になって「“崖の上”にいるから『ポニョ』」と命名。「私が逃がしてしまったので、私に全責任がある」とした上で、「ヤギがかわいそうとか、エサがない、水がない、と言われるけど、ヤギは生草を食べていれば水はいらない。ヤギが好きなのはミネラル。コンクリートから生えている草はミネラルがいっぱい。ヤギは斜面が好きだし、人も来ないから安全。(逃げ出して)どこでも行けたのに、ここにいるわけですから。皆さんの理解が得られれば、ここで温かく見守ってほしい。ヤギが幸せならそれが一番」と、“ヤギファースト”で語った。

 この日も線路を挟んだ歩道から、多い時は約30人が斜面の子ヤギを見物。「かわいい!」「落ちないのかな」「早く捕まえたらいいのに」などの声が上がった。通りがかりの車もスピードを落とし、ヤギを探す光景が見られた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請