BC埼玉武蔵入りの田沢純一が異例の“おふろ”入団会見「色々迷ったところは…」

スポーツ報知
埼玉武蔵ヒートベアーズ入団会見を行った田沢純一

 独立リーグ「ルートイン BCリーグ」の埼玉武蔵ヒートベアーズと契約した田沢純一投手(34)が13日、埼玉・熊谷市内で入団会見を行った。入団会見としては異例となる温浴施設「おふろカフェ ビバーク」で行われた。

 田沢は昨年8月に米大リーグのレッズとマイナー契約。今年2月にはオープン戦でも登板したが、3月に自由契約となっていた。13年にはRソックスで自己最多71試合に登板し、ワールドシリーズ制覇も経験。メジャー通算388登板で21勝26敗4セーブ、防御率4・12の成績を残した実績は十分だ。

 田沢は「色々迷ったところはありますけど、すごい好意に思っていたチームなのでこのチームでプレーしようと思った。日本の皆さんに応援してもらえるように頑張ります。オファーを頂けて素直にうれしかった。いろんな国を含めて野球をする場所があればと思って(練習に)励んでいました。まず色んな環境が変わるのでそれに対応しながら、少しでもチームに貢献出来たらと思います。まずはこのチームでチームに貢献することが大事」などと話した。

 NPB入りについては「シーズンが終わってから(考えれば)いいんじゃないかなと思います」と話した。

 ◆田沢 純一(たざわ・じゅんいち)1986年6月6日、横浜市生まれ。34歳。小学3年から三ツ沢ライオンズで野球を始める。横浜商大高では1年夏からベンチ入りも甲子園出場はなし。新日本石油ENEOSに進み、08年都市対抗では全5戦に登板して4勝を挙げて優勝に貢献してMVPにあたる「橋戸賞」を受賞。同年秋のドラフト1巡目が確実視されていたが、12月にRソックスと3年契約。17年からマーリンズに移籍。タイガースマイナー契約を経て、18年途中にエンゼルス入り。その後はカブス、レッズとマイナー契約を結んだ。180センチ、90キロ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請