藤井聡太七段が連勝を目指す王位戦第2局始まる 戦型は木村王位が得意とする「相掛かり」へ進む

藤井聡太七段(中央)の待つ対局室に入る木村一基王位(日本将棋連盟提供)
藤井聡太七段(中央)の待つ対局室に入る木村一基王位(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負第2局が13日午前9時、札幌市で始まった。

  • 藤井聡太七段
  • 藤井聡太七段

 第1局で先勝した史上最年少タイトル挑戦者が史上最年長初タイトル獲得者を相手に連勝を目指す一局。対局は14日まで2日制で行われ、持ち時間は各8時間。1日目の終わりには「封じ手」も行われる。

 先に入室した藤井七段はタイトル戦5局目で4局連続の和装。濃紺の着物に薄灰の羽織、濃灰の袴という美しいコーディネート。対する木村王位は白系の着物に濃い緑の羽織、灰色系の袴という貫禄の色味だった。

 先手の木村王位の誘導で戦型は「相掛かり」へ。前期の7番勝負で挑戦者だった木村九段(当時)が先手番の第4局と第6局に採用し、いずれも豊島将之王位(当時)に勝利。46歳3か月での史上最年長初タイトル獲得の原動力にもなった戦型を投入したことになる。

 前日には両者それぞれの会見も行われ、木村王位は「先行されてしまいましたが、スコアに関わらず自分の持っているものを全部出し切れるようにしたいです。受け身になりがちですので、積極性を出せればいいなと思います」と抱負。藤井七段は「北海道の皆様に良い将棋見ていただけるように頑張りたいです。一手一手最善を追求します」と語っていた。

藤井聡太七段(中央)の待つ対局室に入る木村一基王位(日本将棋連盟提供)
藤井聡太七段
すべての写真を見る 2枚

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請