【ヤクルト】高梨裕稔が巨人打線を5回2失点「テンポよく投げることができました」

先発の高梨裕稔
先発の高梨裕稔

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―ヤクルト(12日・ほっと神戸)

 ヤクルト・高梨裕稔投手(29)が巨人打線を5回2失点に抑え、勝利投手の権利を持って降板した。

 6月25日の阪神戦は7回無失点、5日のDeNA戦は4回まで無失点に封じながら、5回に満塁本塁打を浴びて、今季は白星に恵まれず。慎重な投球でリードを守り「先制点を与えないように丁寧に投げることを心がけました。野手の方が先制してくれたので、テンポよく投げることができました。ピンチの時は特に低めを意識して、大量失点しないように粘ることができました」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請