【巨人】6回同点…と思ったら危険スライディングで得点ならず1点差のまま

6回、二塁で接触し倒れた山田哲人を起こすパーラ(88)。この後リプレイ検証でパーラの危険スライディングと判定される (カメラ・生澤 英里香)
6回、二塁で接触し倒れた山田哲人を起こすパーラ(88)。この後リプレイ検証でパーラの危険スライディングと判定される (カメラ・生澤 英里香)

◆JERAセ・リ-グ 巨人―ヤクルト(12日・ほっともっと神戸)

 巨人は1点を追う6回1死一、三塁のチャンスで、炭谷の内野ゴロ併殺崩れの間に同点と思われたが、一塁走者・パーラの危険スライディングとなり、無得点となる一幕があった。

 炭谷が遊撃方面に打ったゴロを遊撃手・エスコバーが捕球し、二塁ベースに入った二塁手・山田哲に送球。その際、二塁にスライディングした一塁走者・パーラと交錯し、山田哲は一塁に投げられなかった。

 併殺崩れで三塁走者の亀井が生還したかと思われたが、ヤクルト・高津監督はリクエストを要求。検証の結果、危険スライディングとなり、一塁走者のパーラと打者の炭谷がともにアウトとなった。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請