履正社・内星龍、5回1失点3安打「落ち着いて投げられた」公式戦未登板の147キロ右腕が大分商戦先発

大分商との練習試合に先発した履正社・内星龍は5回3安打1失点
大分商との練習試合に先発した履正社・内星龍は5回3安打1失点

◆練習試合 履正社16―1大分商(12日・大阪、履正社グラウンド)

 公式戦未登板ながらプロ注目の最速147キロ右腕・履正社(大阪)の内星龍(うち・せいりゅう)投手(3年)が3球団のスカウトが見守るなか先発し、5回3安打1失点と結果を残した。

 「初回に点を取られたが、慌てることなく落ち着いて投げられました」と自身の投球を振り返った。この日の最速は144キロだったが「今日はあまり力を入れていなかった。最速よりも平均球速を上げたい」。活動自粛期間以前は130キロ代半ばだった平均球速を144キロへと上げた右腕。アピールを続けていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請