橋下徹氏、「GoToキャンペーン」に「区分けが重要…このメッセージを出すのはある意味、国家戦略」

橋下徹氏
橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が12日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」(日曜・前7時半)に生出演した。

東京都で新型コロナウイルスへの感染者が11日に新たに206人確認されたことを報じた。

 東京都は、9日に224人、10日は243人が確認されており、3日連続で200人を超えた。番組では神奈川県の黒岩祐治知事、埼玉県の大野元裕知事がリモート出演し、感染対策などを議論した。またこうした中、旅行代金の一部を支援して需要を喚起するGoToトラベルキャンペーンについて、国土交通省が今月22日からスタートとすると発表したことを伝え、視聴者に「GoToキャンペーンあなたは?」のアンケートを実施し「旅行する」「旅行しない」「悩み中」の回答への投票を呼びかけた。

 橋下氏は「GoToトラベルキャンペーン」の実施に感染防止対策と経済活動の両立が重要であるとし「両立させるために重要なのは、ピンポイントでダメなところはダメ、そこは停止させる。その他のところは注意しながらみんなで社会経済活動しましょうよ、とその区分けが重要」と指摘した。

 さらに「特定地域の特定業種が問題だからそこは止める代わりに、他のところは注意しながらやっていきましょう、ここのメッセージを出すのはある意味、国家戦略だと思うんですけど、どうも日本政府のメッセージ聞くと、みんなで注意しましょう…みたいな。みんなで注意しましょうやってしまったら盛り上がらない」とコメントした。

 アンケートの結果は、「旅行する」が18パーセント、「旅行しない」が64パーセント、「悩み中」が18パーセントだった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請