明石商・中森俊介と大分商・川瀬堅斗の投げ合いを8球団が視察…今秋ドラフト候補「レベルが高い」

好投した明石商・中森俊介
好投した明石商・中森俊介
力投する大分商・川瀬堅斗
力投する大分商・川瀬堅斗

◆練習試合 明石商3―0大分商(11日・明石商グラウンド)

 今秋ドラフト上位候補の明石商・中森俊介投手(3年)が先発し、5回2安打無失点と好投した。プロ8球団12人のスカウトが視察に訪れる中、初回1死からの5者連続を含む10奪三振、無四球。最速146キロをマークしながら「調子は良くなかった。持っている力以上のものは出ないと思うので、フォームとバランスを意識して投げた」と最速151キロ右腕は冷静に振り返ったが、巨人の榑松(くれまつ)スカウト部次長は「1球1球の質が高い。球種も豊富でレベルが高い。先発タイプで将来はローテーションの中心になれるような素材」と高評価した。

 同じくドラフト候補の大分商・川瀬堅斗投手(3年)も先発し、5回2安打6奪三振2失点。3回先頭に本塁打を浴びたが、強力打線を2点に抑えた。「抑えるところは抑えられていた。自信につながった」。MAXは142キロをマーク。同スカウト部次長は「高校生としては変化球のレベルが高い。一見、パワーピッチャーに見えるけど、野球センスがある」と称賛した。(森脇 瑠香)

好投した明石商・中森俊介
力投する大分商・川瀬堅斗
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請