【巨人】岡本和真 逆転2点タイムリー 観客はオレンジタオルを回さず、掲げる新しいスタイル

1回1死二、三塁、適時二塁打を放つ岡本和真
1回1死二、三塁、適時二塁打を放つ岡本和真

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―ヤクルト(11日・ほっともっと神戸)

 巨人の岡本和真内野手(24)が、逆転の2点タイムリーヒットを放った。

 1点を追う初回1死二、三塁。カウント2―2から先発右腕・小川の内角のチェンジアップをはじき返し、左翼線へ2点適時二塁打を放った。主砲は、塁上で右拳を小さく上げガッツポーズを見せた。

 球場のファンは、これまでならオレンジタオルを回すが、この日は回さず。頭上にオレンジタオルを掲げる新しいスタイルで、岡本の一打を喜んだ。

 10日から有観客試合となったが、同日の試合は球場にファンが入ったのち、プレーボール前に雨天の影響で中止に。今季初めてファンの前で選手たちはプレーしている。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請