【F東京】昨季優勝を争った横浜M戦へ、健太監督「一瞬の隙が明暗を分ける」

スポーツ報知
前日練習を指揮する長谷川健太監督(F東京提供)

 F東京は11日、横浜M戦に向けて都内で前日練習を行った。練習後、長谷川健太監督がオンライン取材に応じ、意気込みを語った。

 前節の川崎戦は0―4と敗戦。中3日で臨む今節へチームとして切り替えは出来ているといい、「川崎戦は、行くのか行かないのか中途半端になってしまった。横浜Mを相手に、思い切って前半からとばしていきたいと思う」。川崎戦と同様に、ボールを奪った後の切り替えをポイントに挙げ「一瞬の隙が明暗を分けると思っている。ベーシックな部分が次の試合も大事になってくる」と話した。

 横浜Mとは、昨季、優勝を懸けて直接対決した最終節以来の対戦。同試合には、Jリーグ史上最多の観客6万3854人が集まった。12日の試合では、5000人までを上限に有観客で行われる。指揮官は「(川崎戦の)大敗の後、自分たちで勝利をつかまないと気持ちを切り替えられない。そういう意味で本当に素晴らしい相手と対戦できると思う」と敵地での一戦へ意気込んだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請