【五輪トリビア】54年8か月6日5時間32分20秒3でマラソンゴールした金栗四三

金栗四三
金栗四三

 日本選手が初めて五輪に出場したのは1912年ストックホルム五輪。陸上競技に短距離の三島弥彦、マラソンに金栗四三が参加した。国内選考会で従来の記録を30分近く塗り替え、活躍が期待された金栗だったが、レース当日は暑さに苦しみ27キロ付近で昏(こん)倒。沿道付近の農家の家に運ばれた。

 箱根駅伝創設、女子スポーツの普及などで国内スポーツを支えた金栗は、五輪でギネスブックに記録を残している。実は当時、ストックホルムの大会本部に金栗の棄権は伝わっておらず行方不明扱いとなっていた。55年たった67年にストックホルムが「記録」に気づき、記念式典の際に金栗を招待。競技場で75歳の金栗がゴールテープを切ると「54年8か月6日5時間32分20秒3」のタイムと「これをもってストックホルム五輪の全日程を終了する」とアナウンスが流れた。

 これが「マラソンで最も長くかかった記録」として残されている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請