【ロッテ】ジャクソン容疑者の逮捕を受け、再発防止へ首脳陣、全選手、スタッフに薬物検査を実施

ロッテはジャクソン容疑者の逮捕を受け、再発防止へ首脳陣、全選手、スタッフに薬物検査を実施する
ロッテはジャクソン容疑者の逮捕を受け、再発防止へ首脳陣、全選手、スタッフに薬物検査を実施する

 前ロッテ投手のジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)が10日、大麻取締法違反(所持)の疑いで広島県警に逮捕された。これを受け、ZOZOマリンでロッテの松本尚樹球団本部長が報道陣に対応。本人の申し出を受理して前日9日に契約解除を発表した直後の逮捕となり、松本球団本部長は「野球界、野球ファンの皆様に多大なるご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。その上で「私自身も責任を感じていますし、ジャクソン選手と最後に会った時には『本当にいい形でチームが入った中で迷惑をかけてしまった』と反省をしていました」と話した。

 今回の逮捕を受け、球団では首脳陣、全選手、スタッフを対象に尿検査による薬物検査を実施する。松本球団本部長は「今日から全選手、スタッフも含めて検査をやろうかなと。それは指示しました。外国人選手にしても(獲得に向けて)ある程度の調査はしっかりしてきたつもりだったのですが、こういう結果になるということはまだまだ球団として、私自身も甘さもあったと思う。もう一度強化という意味で、検査をしっかりやっていきたい」と再発防止を徹底していく。

 逮捕容疑は今月7日、千葉市内の自宅で大麻リキッドを所持した疑い。県警によると、ジャクソン容疑者が大麻リキッドを持っているという通報があり、7日に自宅を家宅捜索して大麻リキッド数本などを発見した。

 ジャクソン容疑者は16~18年に広島に在籍し、救援でセ・リーグ3連覇に貢献。昨季は米大リーグのブルワーズに所属し今季、ロッテに入団。開幕1軍入りして、7日の西武戦(ZOZO)に登板後、8日に体調不良を理由に出場選手登録を外れていた。7試合に登板し0勝0敗1セーブ、防御率3・86だった。

 ◆ジェイ・ジャクソン(Jay Jackson)1987年10月27日、米サウスカロライナ州グリーンビル生まれ。32歳。ファーマン大から2008年ドラフト9巡目でカブスに入団。数球団を経て15年にパドレスでメジャーデビュー。16年から3年間広島プレーし、今季からロッテに加入。日本通算182試合で10勝8敗3セーブ、95ホールド、防御率2・16。185センチ、88キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請