【C大阪】採点&寸評…C大阪が7年ぶり開幕3連勝! 2戦連発奧埜がMOM

8日、C大阪の清水戦先発布陣
8日、C大阪の清水戦先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ 第3節 C大阪 2―0 清水(8日・ヤンマースタジアム長居)

 C大阪が7年ぶりの開幕3連勝を達成。18チーム中、唯一全勝をキープした。互いに無得点で迎えた後半26分、中央をドリブル突破したDF丸橋のパスを受けたFW奧埜が左足を一閃。2試合連続ゴールで待望の先制点を奪うと、同40分には途中出場で右MFの位置に入ったDF片山が追加点。自身のJ1初ゴールでだめ押しした。C大阪加入以前は中盤が本職だった奧埜は「一応FWで出ている以上、得点やアシストで貢献しないと」と言葉に力を込めた。

 採点、寸評は以下の通り。

ロティーナ監督【6・5】選手交代がズバリ。会見では珍しく上機嫌

GK金鎮鉉【6・0】出番少なめでも要所で好守。コーチングも◎

DF松田陸【6・0】積極的な攻め上がりで右サイドを制圧

DFマテイヨニッチ【6・0】試合展開的に「クリアの鬼」本領発揮まで至らず

DF瀬古歩夢【6・0】後半2分、相手カウンターに冷静な対応光った

DF丸橋祐介【6・5】前節のヒーロー再び。好突破から先制アシスト

DF片山瑛一【6・5】後半19分IN。J1初ゴールでだめ押し

MF藤田直之【6・0】判断が的確。攻撃の組み立てに欠かせない

MFデサバト【6・0】Mrバランサー。地味だけど攻守に走り回る

MF坂元達裕【5・5】ドリブル突破は魅力。ただ持ちすぎる場面も

MF柿谷曜一朗【6・0】高い技術で好機演出。点に絡めなかったのが残念

MF清武弘嗣【6・0】後半19分IN。2点目につながる絶妙パス

MFルーカスミネイロ【―】後半ロスタイムIN。時間短く採点なし

FW奥埜博亮【7・0】拮抗破る先制弾でMOM。ビリケンさんも後押し

FW都倉賢【5・5】前半の絶好機を決めていれば。無念の途中交代

FWブルーノメンデス【6・0】後半開始からIN。前線で起点として奮闘

FW豊川雄太【―】後半38分IN。時間短く採点なし

※平均点は5・5~6・0。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請