大谷翔平674日ぶり登板は7四球「問題なく球数を投げられたので、それはよかったかな」

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が7日(日本時間8日)、674日ぶりにマウンドに帰ってきた。アナハイムの本拠地、エンゼル・スタジアムで行われた紅白戦(特別ルール)に先発。18年10月に右肘手術を受けてからは初実戦となったが、10人と対戦して7四球と制球に苦しみ、アウトは1つしか奪えなかった。ジャスト50球で降板。球数を投げられたことには満足も、マドン監督はさらなるステップアップを求めた。

 大谷がついに、マウンドに戻ってきた。試合形式で打者と対戦するのは、18年9月2日(日本時間3日)の敵地・アストロズ戦で先発して以来674日ぶり。マウンドを降りると、ホッとしたような表情でオンライン取材に応じた。

 「問題なく球数を投げられたので、それはよかったかなと思います。緊張はしないですかね」

 苦しい投球でもあった。3アウトを取らなくても攻守が変わる特別ルールで3回相当を投げたが、奪ったアウトは空振り三振の1つだけ。まさかの7四球を与えた。変化球も交えた50球のうち35球がボール。球速表示はなかったが、打者の背中を抜けた球もあった。

 「ブルペンとやっぱり全然違うかなと感じましたし、味方に投げるのもあまり経験がない。そこら辺も違いがあるかなと思う。試合とは雰囲気も違いますし、紅白戦も最近あまりやっていない。独特というか、試合の感じとはちょっと違う」

 同僚の主力が打者だったので、投げにくさがあったこともあるだろう。とはいえ、かつて160キロ以上の剛速球を連発していた、躍動感あるフォームは影を潜めた。だが、右肘への恐怖心はないと強調する。

 「怖さは特にはなかったですかね。もちろん思いっきり投げにいってはいないですし。どちらかというと(球を)置きにいってしまった部分の方が大きいかなという感じがするので、術後開けの不安というよりはそういう面が大きかったのかなと思います」

 地道なリハビリが必要とされるトミー・ジョン手術から復帰への道のり。コロナ禍で開幕が延期となって、さらに長引いた。

 「バッターで試合には出たりしていたので、ちょっと人とは違うと思いますけど、(復帰まで)長いなとも思わなかったですね」

 久々の投球を終え、オンライン会見では笑顔も見せた大谷。一方で、開幕から二刀流で先発ローテの中心になることを期待するマドン監督は、少し厳しい言葉で、さらなる奮起を促した。

  • 大谷の投球結果

    大谷の投球結果

 マドン監督「制球が定まらず、明らかにキレがなかった。彼は健康だし、投球後も問題はなかった。ただ、良い登板ではなかったというだけだ。球そのものは以前と変わらなかったが、制球が全然定まらなかった」

 24日(日本時間25日)に敵地・アスレチックス戦で開幕を迎え、3戦目の26日(同27日)の登板が有力とされているが慎重に定めていく。二刀流スタートへ向けて、投打で調整を続けていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請