【オリックス】前回プロ初勝利の鈴木優、大乱調…チームの連勝3でストップ

悔しそうな表情でベンチに戻る鈴木優
悔しそうな表情でベンチに戻る鈴木優

◆オリックス4―10日本ハム(8日・京セラドーム大阪)

 前回登板でプロ初勝利を挙げた鈴木優投手(23)が2回に7失点する大乱調で、チームの連勝は3でストップした。失点はこの回だけだったが、4回6与四球では試合にリズムは生まれない。「ストライクゾーンに入れようと小細工をしてバランスを崩してしまった」とうなだれた。

 来日後初めて左翼に起用されたジョーンズが「7点差だったが、とにかくアグレッシブに打とうと思った」と6回に左翼へ3号ソロ。11年ぶりのチーム11試合連続本塁打を記録し、吉田正も初回に連続打席安打が7で止まりながら8回の適時打など9試合連続安打で懸命に追い上げたが、序盤のビハインドは大きすぎた。

 勝てば日本ハムと5位タイで並び、単独最下位を抜け出せたが、お預け。西村監督は「7点が響いた形になった。でも2回だから、淡泊にならず早い回から追い上げていかないと」と悔しさを隠せなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請