【広島】プロ11年目・堂林翔太、逆転満塁弾 佐々岡監督の三塁起用ズバリ 本拠地マツダで今季初勝利

8回1死満塁、堂林翔太がセンターへ逆転の満塁本塁打を放つ
8回1死満塁、堂林翔太がセンターへ逆転の満塁本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 広島6―3DeNA(8日・マツダ)

 広島が鮮やかな逆転勝ちを収め、本拠地のマツダスタジアムで今季初勝利を挙げた。試合を決めたのはプロ11年目の堂林。1点を追う8回1死から、起死回生の3号満塁アーチをバックスクリーンへ運んだ。打率4割超えの打力を生かすため、この日は今季初めて三塁でスタメン出場。「狙った球を振り抜くことができた。やることをしっかりやっていきたい。結果を残す気持ちだけで毎日、必死です」と声を弾ませた。

 7回3失点の先発、K・ジョンソンは開幕から勝ち星がないものの、2番手の塹江がプロ初勝利。最後を締めた菊池保もプロ13年目で初セーブを記録した。チームの連敗も4でストップ。長期ロードから帰って来た広島で2戦2敗だった佐々岡監督は「(堂林は)一番打ってほしいところで打ってくれた。連敗が続いていたので、止めないと…と思っていた」と、ひと安心の様子だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請