【ジャパンダートダービー】武豊騎乗のフルフラットは12着惨敗 「3コーナー過ぎから息遣いが…」

スポーツ報知
武豊騎乗のフルフラットは12着に沈んだ

◆第22回ジャパンダートダービー・交流G1(7月8日、大井競馬場・ダート2000メートル=重)

 13頭(JRA7、南関東5、他地区1)によって争われた3歳ダート王決定戦は、坂井瑠星騎手とコンビを組んだ6番人気のダノンファラオ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎、父アメリカンファラオ)が重賞初勝利を交流G1で飾った。好位2番手から直線で抜け出すと、逃げたダイメイコリーダ(池添謙一騎手)に1馬身3/4身差をつけてゴールへ。坂井騎手はG1初制覇となった。勝ち時計は2分05秒09。

 3着に入った8番人気のキタノオクトパス(田辺裕信騎手)までJRA勢が独占。単勝1・1倍の圧倒的人気に支持されたカフェファラオ(ダミアン・レーン騎手)は先行策から直線で7着に沈んだ。

 武豊騎手(フルフラット=12着)「3コーナー過ぎから息遣いがおかしかった。距離も長かったのかな」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×