【巨人】右手有鈎骨骨折の山下航汰、打撃練習に加えて送球練習も徐々に再開「順調にきています」

ノックを受けた山下航汰
ノックを受けた山下航汰

 右手有鈎(ゆうこう)骨骨折からの復帰を目指している巨人の山下航汰外野手(19)が8日、ジャイアンツ球場で練習を行った。

 室内練習場でティー打撃やマシン打撃を一通りこなした後に、グラブをはめて外野の守備練習もこなした。送球も行うなど、一歩ずつ復帰へと近付いている。山下は「キャッチボールは1週間前くらいに再開しました。バットも思うように振れていますし、順調にきています」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請