【中日】逆転サヨナラ機が…与田監督「完全に僕のミス」野手使い切り最後は投手の代打に投手 

ベンチから試合を見つめる与田剛監督(中)
ベンチから試合を見つめる与田剛監督(中)

◆JERAセ・リーグ 中日1―2ヤクルト=延長10回=(7日・ナゴヤドーム)

 逆転サヨナラの絶好機で「代打・三ツ間」は荷が重すぎた―。1点差を追う延長10回2死一、三塁で7番・京田は申告敬遠。満塁となり8番・投手の岡田に打順が回ったが、16人いた野手のカードはもう手元になかった。告げられた代打は投手の三ツ間。プロ6打席目で結果を出すのは困難で、三ツ間も懸命に粘ったが最後は石山の前に空振り三振で、敗戦が決まった。

 試合後、与田監督は「その前に(9番)加藤と(8番)岡田のところをね。それは完全に僕のミス。1人残しておかないといけないところをちょっとね。交代を特に迷ってしまったのがこういう結果になったので。野手が全部いなくなる中で残すつもりでいたんですが、ちょっと最終的にそこの判断を誤ったというところです」と経緯を説明した。延長10回の守備で4番手・岡田を送り出す際に、打順の8番に「捕手・加藤」9番に「投手・岡田」を据えていれば、まだ防げた部分もあった。

 さらに、新型コロナの特例で広がった1軍出場選手登録の枠も生かしきれなかった。今季は「29」から2人増えて「31」。それに対し、試合前の中日は「29」。5日に抹消された吉見の代わりとしてこの日1軍に合流した先発候補の勝野の「1」を差し引いても、残り「1」枠分の野手を2軍から補充する手もあった。

 これについても指揮官は「あと1人何とか予備のために置いておくこともしなかったので、そういったことも含めて監督責任」と頭を下げた。

 先発・柳が7回1失点と好投。8回に4番・ビシエドの同点打で延長に持ち込み、今季初のサヨナラ勝ちへムードは最高潮…となったが、最後は采配ミスで痛すぎる黒星となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請