Jリーグ、今季10月に第3の移籍ウインドー設定 例年は2回も過密日程配慮

サッカー
サッカー

 Jリーグが今季、10月2~30日に第3の登録期間(移籍ウインドー)を設けることが7日、分かった。選手の移籍が可能となる登録期間は、例年ならFIFA(国際サッカー連盟)に義務づけられている年2回(第1回は1月3日~3月27日と、第2回は7月31日~8月28日)のみ。しかし、今季はコロナ禍による約4か月の中断で過密日程となり、例年以上に負傷者が多発する可能性もあり、異例となるシーズン3度目の移籍ウインドー設定がこの日の実行委員会で決まった。

 例年なら各クラブは1度目のウインドーで戦力を整え、2度目のウインドーで優勝や残留などチームの目標に合わせ、ピンポイントで補強することが多い。だが今季はJ1、J2ともに降格がなく、J2はJ1に2クラブ、J3はJ2に2クラブの昇格のみが認められる。第3のウインドーでは下位に沈むクラブより、タイトルや昇格に向けてラストスパートを目指すクラブが、積極的に動く可能性がありそうだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請