【DeNA】ラミレス監督 雨天中止で今週先発予定だった桜井周斗のブルペン待機を示唆

ラミレス監督
ラミレス監督

 DeNAのラミレス監督(45)が7日、雨天中止となった広島戦(マツダ)の練習後、取材に応じ、桜井周斗投手(21)の中継ぎ起用を示唆した。

 桜井は今季初先発となった1日の巨人戦(東京D)で4回途中3失点で降板。その試合後、指揮官は「抹消はしないで1軍にいる。ローテーションに残るかどうかはこれから考えようと思う」と説明していた。

 今回7日からの広島3連戦(マツダ)に先発は浜口、井納、桜井の3投手が帯同。当初は再び先発起用する見込みだったが、この日の試合が雨で流れ、今週は6試合から、5試合に減った。

 指揮官は21歳の左腕の起用法について「投手コーチと話してロングリリーフは現実的にできないことはない。状況が整えば先発も。色々な状況を考えていきたい」。期待の新星を今週は先発起用せず、ブルペン待機させることを示唆した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請