史上最年少タイトルへ! 藤井聡太七段の地元・愛知県瀬戸市で7・9棋聖戦パブリック・ビューイング開催決定

藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑戦し、3連勝で史上最年少タイト獲得を目指す第91期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第3局(9日、東京・都市センターホテル)のパブリック・ビューイング(PV)が、同日に藤井七段の地元・愛知県瀬戸市の「瀬戸蔵」で開催される。7日、瀬戸市役所が発表した。

 同市が藤井七段の対局のPVを実施するのは初めて。同施設にある「つばきホール」と「多目的ホール」で行う。無料入場で最大計140人で締め切る。新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、収容人数の約4分の1しか入場できないが、快挙達成の瞬間を市民が熱く見守る。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請