有観客の阪神―DeNA アルプス席は使用しない…10日・甲子園対応策と準備

甲子園球場
甲子園球場
10日の試合と観客数
10日の試合と観客数

 プロ野球が新たなステージへと突入する。6月19日の開幕から無観客での開催が続いていたが、10日から5000人を上限として観客が入る。10日に主催試合を行うセ・パ6球団は、それぞれ準備と対応に力を入れてきた。

 ◆阪神―DeNA(甲子園、収容人数4万3508人)観客数5000人 内外野 観客の割合11%

 ▼席の配分 5000人を内野、外野席へ。アルプス席は使用しない。最低でも2席以上の間隔を空ける。

 ▼チケット販売 年間席契約者、公式ファンクラブ会員(ダイヤモンドプラス会員)、公式ファンクラブ会員(全会員)の順に先行発売し、最後に一般販売。

 ▼イベント 7回裏前に「ラッキー7」の演出は行い、球団はジェット風船がデザインされたタオルを掲げることを推奨。

 ▼ショップなど 売り子はマスクや手袋をして対応。声を出しての呼び込みはせず、受け渡し前の消毒を徹底してキャッシュレス決済にも対応。売店でのアルコール販売は7回終了までを予定。

甲子園球場
10日の試合と観客数
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請