【日本ハム】今月の移動は全てチャーター機に…航空会社の厚意で減額利用可能に

日本ハム・栗山監督
日本ハム・栗山監督

 日本ハムが、新型コロナウイルス感染リスクの軽減を目的にチャーター機を利用していることが6日、明らかになった。球団関係者によると、開幕2カード目の楽天6連戦(楽天生命)後に札幌へ移動する際から利用しており、この日もチームは7日からのオリックス戦(京セラD)へチャーター機で札幌から移動した。

 球団は開幕前の5月頃から選手の安全面を考慮してチャーター機移動の可能性を探ってきた。当初、交渉は難航していたが、機材繰りの調整がついた航空会社(社名は非公表)との間で交渉が成立。球団幹部は「(航空会社側が)随分と配慮してくださった」と感謝した。料金は球団負担だが、航空会社側の厚意で通常のチャーター機利用時に比べて減額されているという。

 7月中の移動はすべてチャーター機を用いる予定といい、今後は大阪―札幌、札幌―福岡間の移動が該当するとみられる。8月以降も継続するかは、航空会社側が減便の解除などを行った場合に機材の調整が必要となるため現時点では未定だが、可能な限りの対策を進めていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請