木下優樹菜、芸能界引退 7月1日の活動再開発表から一転

芸能界引退を発表した木下優樹菜
芸能界引退を発表した木下優樹菜

 タレントの木下優樹菜(32)が芸能界を引退することが6日、分かった。所属事務所「プラチナムプロダクション」が公式サイトで発表した。

 同プロダクションは「弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」と説明。「木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております。長年にわたり、木下優樹菜を応援していていただいたファンの皆様、関係者の皆様には、このようなご報告となってしまい大変申し訳ございません。どうかご理解いただければと存じます」とした。

 木下は実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店を巡る“どう喝騒動”を起こし、ネットで大炎上したことを機に昨年11月18日から活動を自粛。7月1日付で芸能活動を再開すると発表し、自覚を欠いた行動を改めて謝罪した上で「今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたい」と復帰への思いをつづったばかりだった。

 自粛中の昨年大みそかには、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)と離婚。2女の親権は木下が持っている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請