順位戦通算30勝1敗の藤井聡太七段が棋界随一のエンターテイナー橋本崇載八段とB級2組で激突

橋本崇載八段(左)戦に臨む藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
橋本崇載八段(左)戦に臨む藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)

 将棋の順位戦B級2組2回戦・橋本崇載八段(37)対藤井聡太七段(17)戦が6日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。

 同時進行でタイトル挑戦中の棋聖戦5番勝負で渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に2勝0敗と奪取に王手、王位戦7番勝負では木村一基王位(47)に先勝と快進撃を続けている藤井七段。順位戦ではデビュー以来通算30勝1敗、勝率・968と神業級の活躍を続けているが、再び難敵が立ちはだかった。

 「ハッシー」の愛称で知られる橋本八段は、過去にA級在籍歴もある実力者。若手時代にはテレビ棋戦「NHK杯テレビ将棋トーナメント」で金髪にパンチパーマ、紫シャツ姿で登場したり、対局前インタビューで超絶テクのモノマネを披露するなど棋界随一のエンターテイナーとして知られる。

 順位戦は名人への挑戦を目指す棋戦。最上級のA級で優勝すると挑戦権を得る。1年に1クラスずつしか昇級できないため、デビューから最短でも挑戦権獲得まで5年を要する。今期のB級2組には25人が参加して各10戦を戦い、上位3人がB級1組に昇級する。

 持ち時間は各6時間と各棋戦の予選で最も長い。両者初手合の本局は藤井七段の先手。終局は夜から深夜に及ぶ見込みだ。

橋本崇載八段(左)戦に臨む藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請