小池百合子氏、投票締め切り0秒当確! コロナ禍も五輪開催問題も関係なし

スポーツ報知
再選を果たした小池百合子都知事

 任期満了に伴う東京都知事選は5日投開票され、無所属現職の小池百合子氏(67)が300万票を超える圧勝で、再選を果たした。前回2016年の約291万票を上回り、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党(N国)の党首、立花孝志氏(52)らを退けた。新型コロナウイルスの感染対策を始め多くの課題が山積する中、2期目の小池都政がスタートする。

 投票締め切り直後の午後8時、テレビ各局に「当選確実」の速報が流れた。白いジャケットに身を包んだ小池氏は「都民の皆様方の力強い支援に感謝申し上げます。2期目を担う責任を感じております」とオンラインで述べた。

 当選にはつきものの“万歳三唱”はなく、表情は厳しいまま。「コロナ禍の真っただ中で万歳という気持ちにはなれない」とし、「緊張感を持ってコロナに対して対応していく」と改めて決意を口にした。

 前回2016年都知事選では街頭などでの演説が候補者で最多の136回に及んだが、今回は一度も街頭に立つことはなかった。告示日の第一声から「オンライン選挙」に徹した小池氏は「新しい日常の中での、新しい選挙戦を展開できた」と振り返った。

 都内では5日も111人の新規感染者が確認されるなど連日100人超と高水準で推移し、コロナ第2波への対策は待ったなしだ。小池氏はこの日、新型コロナ対策は「喫緊の課題」と語り、感染者を受け入れてきた医療機関の経営支援や、第2波への備えのため、新たに3000億円規模の補正予算を編成することを明らかにした。

 さらに、米・疾病対策センター(CDC)の「東京版」創設や、「社会経済活動と感染防止の両立」のため、再度の休業要請などは「ピンポイントで、全体への要請でない効果的な方法を進めていきたい」との考えを示した。

 史上初の延期となった東京五輪・パラリンピックへの対応でも開催都市の長として手腕が問われる。

 あくまで「来夏の開催」を強調している小池氏だが、延期に伴う追加費用負担を巡っては国際オリンピック委員会(IOC)との交渉力、政府や大会組織委員会との調整力が求められる。小池氏周辺は「コロナによる経済停滞で日本全体が未曽有のダメージを受ける。五輪の追加費用は、政府にも同等レベルの負担を求めるべき」と話す。

 祭典後も課題は山積だ。都が競技会場として整備した6施設のうち、有明アリーナ(江東区)を除く5施設では、合わせて年間約11億の赤字が見込まれる。また、選手村跡地や競技会場が集まる湾岸部と都心を結ぶBRT(バス高速輸送システム)の本格運行や地下鉄8号線(有楽町線)の延伸など、湾岸エリアが「負の遺産」とならないような運用も課題となる。

 新型コロナ対応、未曽有の経済危機、五輪開催可否…。逆風の中、小池都政の第2章がスタートする。(奥津 友希乃)

 ◆小池 百合子(こいけ・ゆりこ)1952年7月15日、兵庫県芦屋市生まれ。67歳。76年にエジプト・カイロ大卒業後、テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」のキャスターなどを経て、92年の参院選で日本新党から出馬し、比例で初当選。翌年の衆院選でくら替え当選。94年、新進党結成に参加。自由党、保守党を経て2002年、自民党に入党。03年小泉政権で環境相、07年第1次安倍内閣で女性初の防衛相。16年7月に史上初の女性都知事に就任。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請