【DeNA】ソト、先制V4号満弾!「チョースゴイ!」3年連続キング狙えるじゃん

5回1死、先制の満塁本塁打を放ったソト(中)がベンチでエアタッチを交わす
5回1死、先制の満塁本塁打を放ったソト(中)がベンチでエアタッチを交わす

◆JERAセ・リ-グ ヤクルト1―8DeNA(5日・神宮)

 薄暮の神宮に上がったソトの強烈な打球が加速した。5回1死満塁で高梨の132キロのフォークを捉えて、先制の4号満塁弾。強風に負けない打球をバックスクリーン左まで運んだ。

 降雨の影響で、試合前は室内練習場で調整。開放感のある屋外では打てなかったが、ロングティーに時間を割いて汗を流した。「少しずつ、遠くに飛ばそうという意識が戻ってきた」と2年連続本塁打王の本能が覚醒した。グランドスラムの豪快な打球を「チョースゴイ!」と日本語で自賛。「みんながつないで作ってくれた好機。最低でも1点を取る気持ちで打席に向かった」という謙虚な姿勢を最高の結果につなげた。

 4日のヤクルト戦(神宮)から2戦3発と上昇気流の助っ人は「(両リーグで)本塁打がすごく多い気がする。暖かい時期に各選手の準備ができていたからではないか」と現状を分析。球団史上初、セ・リーグでは11~13年のヤクルト(現ソフトバンク)のバレンティン以来となる3年連続キングへ視界は良好だ。

 開幕から15試合で10度目の2ケタ安打で快勝し、ヤクルト戦は2勝1敗の勝ち越し。ラミレス監督は「次の広島戦で、ソトの状態が見えてくるのではないか」と7日からの広島戦(マツダ)でのさらなる爆発に期待を寄せた。(阿見 俊輔)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請