【BCリーグ】今季2度目の有観客試合は富山が降雨コールドで勝利 田畑一也監督「観客に見られていると力になる」

水浸しのグラウンドでヘッドスライディングを披露した石田内野手
水浸しのグラウンドでヘッドスライディングを披露した石田内野手

 BCリーグの富山GRNサンダーバーズは5日、県営富山野球場(富山市)で石川ミリオンスターズと対戦し、6ー1(6回降雨コールド)で勝利した。同リーグでは、6月20日の富山対石川戦以来となる有観客試合で、273人のファンが観戦を楽しんだ。7回直前に突然の大雨で試合が中止となったが、富山の石田宝輝内野手(22)がヘッドスライディングで水浸しの内野グラウンドを1周して会場を盛り上げた。田畑一也監督(51)は「無観客の試合でもやることは同じだが、見られていると力になる。今日はいいところばかり出ました」と笑顔で振り返った。

  • 4回に左越え2ランを放ったBC富山の5番・門屋
  • 4回に左越え2ランを放ったBC富山の5番・門屋

 この日のヒーローは、新5番・門屋龍征左翼手(23)だ。6月20日の開幕戦で3ランを放って調子を上げ、打順は7、6、5番と徐々に上昇。門屋は「今日の打順はどこかなと思って、スコアボードを見て気づいた」と苦笑い。1―1の4回2死一塁では、豪快な左越え2ランを放って勝ち越しに成功。「一塁を回った時から歓声が聞こえてきた。いい雰囲気の中で、プレーしやすい」とファンの後押しに感謝した。

 4~5月のチーム練習自粛の期間中は、元巨人の長江翔太コーチ(28)からスイング指導を受けてきた。「密かにホームラン10本を狙っています。観客が多いと、空回りするタイプなんですが、成長できているのかな」と門屋。球場に訪れるファンと共にコロナ禍を吹き飛ばす。(中田 康博)

水浸しのグラウンドでヘッドスライディングを披露した石田内野手
4回に左越え2ランを放ったBC富山の5番・門屋
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請