【中日】先発・梅津が6回3失点7奪三振で勝利投手の権利持ち降板 打っても2安打と躍動

6回3失点の中日・梅津
6回3失点の中日・梅津

◆「JERAセ・リーグ公式戦」巨人―中日(5日・東京ドーム)

 先発した中日・梅津晃大投手(24)が6回3失点で降板した。3回先頭・若林の打球が右足のすねに当たるアクシデントがあり、一時ベンチ裏へ下がったが治療後は再びマウンドへ。好調の巨人打線に3失点は取られたが、最速151キロを連発し、7三振を奪う力投だった。

 攻撃面でもチームを鼓舞。3回2死一塁から中前打を放ち好機を拡大。塁上でこん身のガッツポーズを披露すると、ベンチは大盛り上がり。その後、1番・溝脇の先制2点適時三塁打を呼び込んだ。6回の第3打席でも2死一塁から左前打と野手顔負けの巧打でマルチを記録。降板後は「3回以降から、しっかり腕を振ってストレートで相手打者を押すことができたので、カウントを整えることができました。そこは良かったところだと思います。前回と同じで変化球が浮いてしまい打たれてしまったので反省をしなければいけない」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請