前田穂南、五輪金へ順調自己新2位…夏シーズンスタート! ホクレン大会5000メートル

女子5000メートルA組で力走する前田穂南(右)(代表撮影)
女子5000メートルA組で力走する前田穂南(右)(代表撮影)

 全国規模の陸上競技開幕戦となる中長距離シリーズレース第1戦のホクレンディスタンスチャレンジ士別大会が4日、北海道・士別市で行われた。女子5000メートル最終組に出場した東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=は自己新記録の15分35秒21で2位だった。

 コロナ禍で約3か月遅れとなる夏のシーズンイン。前田は序盤から積極的に先頭集団でレースを進め、スパート勝負こそ敗れたものの自己記録を2秒95上回った。「スピード強化の一環であり、現状を確かめたかった」と五輪延期となったことを前向きに捉え、課題克服の第一歩をしるした。

 2月の青梅マラソン30キロで04年アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきが持つ日本記録を14秒更新し、1時間38分35秒をマーク。4月の緊急事態宣言の発令後も「継続した練習ができていた。モチベーションも下がることはなかった」。代表内定直後から「目標は金メダル」と言い切る意識の高さは、青梅後初レースのこの日もブレることはなかった。

 マラソンの自己記録は2時間23分48秒で、日本人4人目の2時間20分切りの可能性を秘める。「あと1年、できることを積み重ねていきたい」と誓った。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請